2016年10月29日土曜日

新刊、イベントのご案内

「ふつうの住まいでかなえる外国スタイルの部屋づくり インテリア垢抜けテクニック50」(文藝春秋)が、11月14日に発売します!




モデルは我が家。色の話やDIY、物の飾り方まで、家のあらゆるシーンをご紹介しています。

昨年の12月、このブログや、私のインスタグラムをフォローしてくださっていた
あるベテラン編集者より突然あった連絡がこの本の始まり。

それから、自宅での撮影、DIY、実際の執筆、
そして何度も繰り返した念入りの原稿や色校のチェック。
とにかく「ヘザーらしさ」が感じられる本にしたい、ということから
細かいところまでこだわりました。

「一枚一枚の写真をここまで念入りにチェックする著者さんは初めて」
のようなことまで、カメラマンさんに言われてしまったぐらい!
(Eさん、ごめんなさいね)

原稿も、「ここはこれを書きたい」「これは書きたくない」と
編集のスタッフにもたくさんご迷惑をおかけしました。
(Kさん、Uさん、ご苦労をおかけしました)


でも、最終的にはとてもいい本が出来上がったと思います。
ヘザースタイルの香りがプンプンしてくる本です。

我が家を初めて訪れる人たちはみなさん、
「外国に来たみたい」とおっしゃいます。
でも我が家は普通の日本の建売住宅。


こだわりのアイテム置いたり、色を使ったり、
自分にとって居心地が良い空間にするために所々ちょっと工夫しただけです。
そんな我が家のストーリーが書いてある一冊です。


また、出版を記念に11月29日(火)の18:30より、
東京の渋谷にありますHouzzのオフィスにてトークイベントを開催します。

詳しい情報、お申し込みのリンクはこちらのサイトから。


お待ちしております!

2016年10月25日火曜日

衣替えするかしない?

最近の新しい家ではウォークインクローゼットが当たり前のようになってきました。
憧れのウォークインクローゼットですよね。
海外ドラマを見ると目が飛び出るような美しいクローゼットも見かけます。
まるでブティックのような。

Possum Creek House

我が家にはウォークインクローゼットはありません。
寝室にあるクローゼットは主人が使っていて、
寝室の隣にあるゲストルームのつもりの部屋に大きなクローゼットを置き、
そこが私の「ウォークインクローゼット」。
ウォークインクローゼット兼物置兼ゲストルームのような部屋ですが...

収納のコンサルのお仕事で出会うお客様の多くは、
理想としては衣替えしなくても良い生活がしたい、
とおっしゃいます。

年に2回の衣替え、結構面倒ですよね。
一気にできれば良いのですが、今年なんて、
気温の変化があまりにも激しいのと
なかなか時間がなくて今のところまだ、
中途半端な「半衣替え」の状態となってしまいます。



「半衣替え」とは、夏服は片付けていなくて、
秋冬のニットや長袖が入ったケースだけ、
例のウォークインクローゼット兼ゲストルームのベッドの上に開けたまま置いてある、
といった、恥ずかしい状態です。
収納のプロとしてはあまり良いお手本ではありませんので真似しないでくださいね。

さて、ウォークインクローゼットがあれば衣替えをしなくても良い、
それって話では理想に聞こえますよね。
右側が春夏、左が秋冬とか。


確かに、楽そう。
でも一つだけオチがあります。
それは、洋服がずっとかけっぱなしや
引き出しに入れっぱなしの状態になってしまうこと。


衣替えをするのは、着られなくなった服や、汚れていたり色あせていたり、
ただもう着なくなった服を引き抜いて処分する良い機会でもあります。
衣替えをしないで一年を通して洋服がハンガーにかけっぱなしや
引き出しにしまいっぱなしですと、
思い切らないとなかなかそのチャンスが訪れません。
とくに引き出しの服は忘れられがちです。

ですから、本当に衣替えをしなくても良いクローゼット計画が良いかどうかは、
衣替えをしなくても定期的に洋服の管理ができるかどうか次第なのではないでしょうか。

私は絶対に衣替えがないと服は減らないタイプ。
でも、いざ衣替えの時がくると思い切って大量の服を処分します。
年に2回そんなきっかけがあるから服もあふれずに
なんとかクローゼットや引き出しのなかに収まっているのです。

実は洋服だけではなく、例えば夏の終わりに扇風機をしまったり、
季節ものを片付けるたんびにわが家ではものの整理が始まります。

ですので、季節のライフスタイルの切り替えとは本当に大切だと思っています。




2016年10月2日日曜日

秋のりんご

だんだん秋らしくなってきました。
行きつけのりんご店では初ものが入荷され、
久しぶりに少しだけ足をのばしてりんごを買いに行ってきました。


秋冬は毎朝りんごを食べています。
皮ごと食べられるりんご、減農薬でもあって
いつも違う、そのとき青森で獲れたいちばんおいしいりんごが
数種類厳選されて置かれているのでいつもここへ来るのが楽しみ。
試食をしながらそのときに買うりんごを選べるのも嬉しい。
食べるりんご、お料理に使うりんごなど、ニーズに合わせて選んでいます。


今回は4種類。
こうやってティスティングすると、
それぞれの違いが本当にわかるんですよね。
甘いとか、酸味が強いとか、インパクトがるとか、優しい味などなど。
まるでワインを選んでいるみたい。


家からはそうしょっちゅう行ける距離でもないため、
一回に12個ほど買っています。
お店の方もりんごのプロで、まあ12個がだいたい限界でしょう、
とアドバイスもしてくれるので助かるんですね。

帰ったらりんごはひとつひとつ、新聞紙に包んで
冷蔵庫の中で保管することも彼のアドバイズ。


だから我が家の冷蔵庫はりんごでいっぱい。
あっという間になくなりますけどね。

そして、秋を象徴するもう一つ嬉しいできごとが。
友人の画家、橋本シャーン氏から地元の徳島の大きな巣立ちが
たくさん届きました。

橋本シャーン氏といえば、母の本やエッセイの挿絵を書いた
母のお気に入りの画家。
高島屋の紙袋を見かけた方も多くいらっしゃると思いますが、
それもシャーンさんの作品なんですよ。


写真では見づらいけれど、かなりビッグサイズ。
本人も驚くほどだったそうです。

「食欲の秋」が本格的にスタートした気分です。
楽しみですね。


2016年9月7日水曜日

インテリアの流行色とは

先日、インテリアペイント会社ののカラーワークスさん主催の
アメリカのペイント会社、BEHRのカラートレンドセミナーに行ってきました。


BEHR社では毎年20色のペンキの新色を出しているのですが、
その20色が、それぞれに特徴がある3つのグループに分かれているのです。
COMPOSEDと呼ぶのグループは落ち着きのある、
少しグレーがかったスモーキーな色。
COMFORTABLE グループはパステルが入った優しいカラー。
CONFIDENTグループの色は力強いはっきりした色。



一つのお部屋をそれぞれのグループからの色でコーディネートをした時、
部屋の印象が全く違ってくるところが印象的でした。

この3つの色のグループの中でもみなさん、きっと当てはまるのがあるはず。
私は一目でCOMPOSED派であるのがわかりました。
グレー好きですものね。

ところで、グレーとはこの数年、ステディーにトレンドカラーであり続けています。


BEHR社のペンキのトップセラーもやはりグレー系。
グレーをベースに、アクセントとして別の色が使われるのが
今では最も見られるスタイルかもしれません。
お部屋がグレー一色では、いかにも「灰色」でパッとしませんですからね。
私は真っ白を合わせてパッキリとした雰囲気が好きですが、
グレーをベースに赤や青、紫など自分が好きな色をアクセントとして加える人も。



セミナーで私にとって最も衝撃だったのが
このグレーのトレンドが、少しずつブラウンに変わりつつあるといった情報でした。

まだまだグレーはトップカラーです。
でも、そんなグレーに少しずつ温かみが入り、
ブラウンがかってきた色もポピュラーなのはは確かに 自分でも感じていました。
もやもやっとしたグレー。
実は昔からの私が好きな色でした。

わが家の壁も、もやもやっとしたグレー。



世間ではよく「グレージュ」(グレーとベージュのミックス)
と呼ばれることもありますね。
ちょっとその呼び方は好きではないのですが、まあ、
グレーのトレンドが少しずつブラウンに移り変わっている
プロセスの中での流行りでもあるのかもしれません。


もう一つのトレンドとは、メタリックのアクセント。
メタリックの中でも、ゴールドやカッパー系の色が流行っているそうです。
ベッドフレームや照明器具など、ポイント的に入れるのが今風の使い方。
シンプルでモダンな空間の中にシャープにゴールドを入れるということ。
ゴールドだれけのゴージャス系はちょっと時代遅れかも。

今回のセミナーでは刺激をたくさん受け、今後の色の使い方について
たくさん考えさせてくれて楽しかったです。

インテリアトレンドとは、ファッションと違って長く続きます。
ですので焦る必要はありません。
今のトレンドをお部屋に取り入れても、
来年古くなるとかということはないので
ぜひ何か新しく加えてみてはいかがでしょう?

2016年8月14日日曜日


今年の夏休みも与論島で過ごしました。
海は相変わらずキレイ。


砂も相変わらず真っ白


足跡がたくさん!

家の真ん前から朝日が見えるのでもちろん、毎朝早起き。


寝ているなんて、もったいないぐらい美しい島です。
でも外は暑く、家の中は風通しが最高でお昼を食べ終わると
ついつい昼寝をしてしまいますけどね。

父が住む与論の家は、今年の春頃から
「与論シーサイドガーデン」といった
くつろげるガーデンをオープンしました。



庭から海を眺めながら冷たい物を飲んでのんびり過ごしたり、
イギリスの伝統ゲーム「クローケ」やパッターゴルフが楽しめます。
ここからしかアクセスができない、
「シークレットビーチ」にも降りて行くこともできます。


ここがシーサイドガーデンの特等席。
海風が最高に気持ちが良いです。


与論へお越しの際は是非お立ち寄りください。



2016年7月27日水曜日

ラベリングの楽しさ

子供の頃、自宅の1階が父の事務所でした。
そこは文房具好きな子供にとってはたまらない秘密のお遊びスペース。
事務所には楽しい物がいっぱい。

そんなオフィスにあった、いちばんの「おもちゃ」がダイモのラベルメーカー。
家庭ではあまり使われないのですが、事務所にはよくあるツールです。



収納の仕事のなかでもラベリングとはとても大切なプロセス。
お客様や、住まいに合わせてその都度ラベリング方法も変わってきます。
剥がしやすいマスキングテープに手書きで記したり、
「テプラ」などのラベルライターで印刷したり。

でも「ダイモ」はさすがに使っていませんでした。

先日ある海外の写真を見て、懐かしくてついつい購入。
そしてまた子供の頃のようにカチカチとアルファベット文字を打って
キッチンや仕事部屋にペタペタ。



まさに昔とやっていることが全く一緒。

基本はオフィス用品ですが、
なんとなくハードな「インダストリアルスタイル」の風合いが気に入りました。



ラックに並べている調味料は正面に。

そしてワゴンに入れている食材や調味料は上から見られるように蓋に。


パスタは茹で時間も打っておけば毎回ストックの袋を
確認しなくても大丈夫。


パスタはしょっちゅう作るのに、茹で時間をついつい忘れてしまうんですよね。
種類もいろいろあることですし。

仕事部屋でも、グレーっぽい白のファイルボックスに合わせて
グレーのテープに文字を打ち込んで貼りました。


まだまだカチカチ打ち込んでペタペタ貼りたい気分。
なんて楽しい!

2016年7月11日月曜日

ゴールデンミルクの朝ごはん

今、夢中になっているのが「ゴールデンミルク」で作った朝ごはん。

そもそもゴールデンミルクというものも知らなかった私。
たまたまネットで知って「どんな味がするんだろう」と作ってみたところ
あまりの美味しさにびっくり。

免疫力をアップし、消化にもよく、肝臓のデトックスにもなったり、
新陳代謝をよくしたりダイエット効果もあり、脳の活性化にも良いなどなど
長々とリストアップしてあるゴールデンミルクの効果を見たら
作りざる得えませんでした。

ゴールデンミルクのベースは今ヘルシーであることで話題のアーモンドミルク。
でも豆乳でもココナツミルクでも作っても美味しいそうです。

基本はターメリックとアーモンドミルク混ぜるだけのシンプルなものですが、
さらにヘルシーさをアップするためにその洒落たヴァジョンを作っています。

ターメリックとジンジャーパウダー、シナモン、カルドマムを
少しだけお湯で溶かし、はちみつを加えてさらに滑らかにしてから
アーモンドミルクを加えるだけ。


このゴールデンミルクはそのまま飲んだり、
夜、寝る前に電子レンジで温めてホットミルクにしたり。
味は、なんとなくティーが入っていないチャイのような感じ。

そして、さらにはまっているのが、
オーツとチアシードを入れて一晩浸したロイヤルミルクのオートミール。


オーツとチアシードが一晩の間に膨らみ、
それにはちみつをかけたり、ミントの葉っぱをのせて朝ごはんに。
腹持ちもよく、お昼まで全然お腹が空かないのも嬉しい話です。

。。。。。。
作り方
1リットルのアーモンドミルクに対し、ターメリックは小さじ2杯と
その他のパウダーは小さじ1/2杯から3/4杯ほど。
はちみつは好きな甘さに調整しますが、
私は大さじ2杯ほど混ぜています。

オーツはカップ1杯に対し、ロイヤルミルクはカップ1杯半ほど。
チアシードは約大さじ1杯ぐらい。
一晩漬け込んで、冷蔵庫で2〜3日持ちます。

オーツが膨らんで汁気が少なくなるのでその時は
盛り付ける時に残ったゴールデンミルクを少し足すと良いですよ。

これからゴールデンミルクを使って他に何ができるか
研究してみたいです。
スムージーとかも、美味しいでしょうね。