2019年4月15日月曜日

DIY家具の基本とは


Hello and Welcome!
Home Life Styleのヘザー ブラッキンです。
イギリス人の父、日本での暮らし、長年のヨーロッパ生活、
インテリアデザイナー、収納プランナーとしての仕事から得た
インテリアのこと、収納のこと、暮らし全般のことを発信しています。


...........................................................................

DIYの棚づくりの基本は寸法です。

そもそも私の場合、DIYで棚を作るシチュエーションとは、
サイズ的にぴったりフィットする家具が市販では見つからないから
といったケースがほとんどです。

なので寸法から始まるのが当然のこと。

置きたい場所と入れるモノの寸法さえ分かれば
プラニングも着々とすすんでいきます。 

つまり、寸法といったスタート地点があると計画もしやすいのです。

ただ、寸法に合わせて考え始めるとデザインにどうしても限りが出てくることも。

入れたいモノの場所をしっかり確保したうえで
微妙に余ったスペースができるのこともあります。

そんな余ったスペースの有効活用法や、
寸法に左右されながらインテリアに合うデザインを考えるのも
DIYの楽しみのひとつだと思っています。

ここで想像力と個性を生かすのです。

この与えられた空間とサイズでどのようなことができるか考えるのが
まるでパズルを嵌め込むようで私は大好きです。



もう15年以上前に作ったこのキッチン収納がまさにそうでした。

下の引き出しはIKEAのミニチェスト。2つ並べたところで横幅が決定。
高さも、チェストの上から吊り戸棚の下までの高さで決まり。
(ぴったりですと入らないので5ミリぐらい小さめに作りました)

入れたいモノは、調味料や粉物が入ったガラスジャーでしたので
ジャーのサイズを測って棚の位置を決めました。

ダボ用の穴をつくり、可動式の棚にする選択肢もありましたが、
当時の私はそこまで考えず(ハードルが高すぎ!)
シンプルに固定の棚にしました。



2段にするか、棚をジャーに合わせてギリギリに設置し、
余ったスペースにもう1段棚をつけるか考えたところ、
スパイスや小さな瓶が入るスペースがあると便利なので
棚を思い切って詰めて取り付けました。

ジャーの数に合わせて横幅を決め、
背の高めのものが入るよう、横の余ったスペースには棚を2段つけることにしました。

下のミニチェストと合わせてペンキを塗ったら完成。
手作りの棚と市販のチェストといったパーツを組み合わせても
寸法を合わせ、同じ色に塗ったら1つの家具に見えませんか?

ここで一つだけ反省点を明かしましょう。


6個あったこのジャー。
ベルギーに住んでいた頃、IKEAで買い、形が気に入っていることもあって
ずっとそのまま使い続けてきました。

でも、ある意味このジャーにこだわり過ぎたことが
初心者らしい間違えだったのかもしれません。

時が経ち、2つほど壊れてしまいました。

残念ながらこのジャーは廃盤となり、現在IKEAや無印良品などで売っているジャーは
微妙に大きすぎるか小さめになってしまい、棚にぴったり入るサイズがありません。

小さめのを買うしかない。
そんな理由で、下の段には少し小ぶりのジャーが2つあるのです。

お塩とか少量しか使わない調味料には
この大きさでも全然よいので不自由はありませんが
不揃いになってしまったのが最初は気になって、
売っている定番サイズのジャーに合わせてまた作り直すことも考えました。

でも、時間が経つうちにこの不揃いも自然に見えて良いのでは、と思うように。
揃え過ぎてカチカチよりも、ちょっと崩れた感じが逆に好きになりました。
もっとミスマッチにしても良いかも、と思っているぐらいです。

もうちょっと余裕をもって作るのが正解だったのかもしれませんが、
特注の造作家具でもあるわけではなく、ホームセンターの板で作った
簡単DIY棚ということでこれは良しとしましょう。

とはいえ、DIYはやっぱりまずは寸法から考えることが大切です。


2019年3月22日金曜日

春の模様替えのためのインテリアカラー

Hello and Welcome!

Home Life Styleのヘザー ブラッキンです。
イギリス人の父、日本での暮らし、長年のヨーロッパ生活、
インテリアデザイナーとしての仕事から得た
インテリアのこと、収納のこと、暮らし全般のことを発信しています。


...........................................................................

東京では桜の開花発表もあり、いよいよ本格的に春の気配が感じてくる頃です。
来週ぐらいはお花見も楽しめそうですね。

春の模様替えもしたくなる頃です。

日本での春の人気カラーといえばやはりピンクかな?

日本の暮らしや風景、様々な伝統の中で新しい始まりを象徴する色だと思います。

春に咲く桜の色に合わせてちょっとしたピンクのアクセントカラーをインテリアに加えたら部屋の中も一気に春らしく変身するはずです。



欧米のキリスト教徒の国々では春といえば最大イベントは復活祭、イースターです。
今年のイースターは4月21日。日本でも最近少しずつ話題になっていますね。

卵を鮮やかに塗ったイースターエッグをご存知の方も多いでしょう。

そんな欧米の人たちは3月ぐらいから
イースターに向けて少しずつ春の模様替えを始めます。
イースターはクリスマスのようにこれといったデコレーションはありませんが、
黄色や新緑のような鮮やかな緑をアクセントに、
部屋を春らしく演出するのがポピュラーです。

黄色はイースターを象徴するスイセンの色。ヨーロッパでは日本より少し遅く、
ちょうど4月頃に咲くことからイースターの花として知られ、
人に贈ったりもします。
チューリップもまたイースターの人気フラワー。
4月の中旬にはオランダのチューリップシーズンがピークを迎える頃です。



その一方、トレンドもあれば皆さんのインテリアへの意識がレベルアップしていることもあり、最近では季節の模様替えは色ばかりではなくなってきている傾向も見られます。
(昔のヨーロッパだったらとにかくあらゆる場所に黄色を使えば良い、みたいなところもありました。若い頃の自分の部屋を思い出すと今ではゾッとします!)

とくにニュートラルが人気の今、
春になるとより明るいニュートラルトーンを取り入れたり、
色より質感で季節を表す人も増えてきました。
気温も上がってくると軽めで肌触りの良いファブリック、天然素材など、
自然界をより身近に感じられるような素材を使いたくなるのでしょう。

そこに少しだけピンク、黄色、またはグリーンをプラスすれば部屋もパッと春らしく、
ハッピーは表情に変わるはずです。
花でもクッションやスローの中の小さな模様でも、コーヒーテーブルの上に置く本でも。

春は新しい始まりの季節です。
小さな模様替えで新しい季節を迎えませんか?

こちらもぜひご参考に!
 ↓
















2019年3月15日金曜日

寝室に欠かせない3点せっと:ベッド、ヘッドボード、そしてサイドテーブル

寝室のベッド周りで大切なのはもちろんベッド本体ですが、
それと同時にヘッドボードとサイドテーブルも一緒に考えたいものです。

この3つの要素を一緒に考えて寝室のインテリア計画を始めませんか?

そもそもヘッドボードとは何のためにあるの?
とよく聞かれることがあります。


見た目の良さはもちろんです。
完成度が高く見え、ベッド周り全体にまとまり感が出ます。
素敵なヘッドボードはフォーカルポイントとなり、
寝室のインテリアをつくりあげるとも言えます。

でもそれだけではありません。
背もたれとして使ったり、
枕がベッドと壁の間にズレ落ちるのを防止する役割もあります。

サイドテーブルはもちろん、照明器具を置くには欠かせません。
それに合わせて、本やメガネを置いたりもしますよね。
お水とか、寝る前に外したアクセサリーとかも。

ちょっとした物が収納できるタイプだとさらに魅力的です。
例えば引き出しがあったり、棚がついていたり。
チェストや小さな本棚も結構人気あります。


では、ベッドとヘッドボードとサイドテーブルがどう関係してくるか、
そしてどう選べば良いのでしょう。

一つはセットで揃える方法です。
それぞれをセットで買うか、一体型になっているタイプか。
でもものによってはちょっとひと昔風で面白みがない場合もあるので
マッチングしたい時にはデザインや素材にもこだわりたいものです。
全体がマッチングしているシーンはよりフォーマルで落ち着きがあります。


日本では、ベッドとヘッドボードがセットになっていることが多いですね。
サイドテーブルで少しヴァリエーションをつけるとより個性が出ます。

「難しいなあ」と思ったら、ベッドとの共通点が一つでもあるテーブルを
選ぶと統一感が出しやすいです。テイスト、または素材や色など。

最後に、ヘッドボードがついていないベッドの場合ですとどうでしょう。
我が家がまさにそうでした。
ヘッドボードを後付けにするのは海外では結構一般的です。
好きなファブリックで布張りのヘッドボードにしたり、
部屋の雰囲気に合った素材のものを買ったりオーダーします。

我が家の場合は手作り。
イメージしていたヘッドボードがなかなか見つからなかったため、
板を組み合わせて作りました。
ペンキを塗った、手作り感を生かしたヘッドボードです。



サイドテーブルも、雰囲気に合うものを探したのですが
良いと思ったものの天板の色が茶色だったため、
同じサイズの板をヘッドボードと同じ色に塗ってはめ込みました。
(幸いなことに取り外しができる天板だったので)

話は少し変わりますが、
先日、システム家具を専門とされるCuumaさんの青山のショールームで
イタリアの家具メーカー、メリディナーニーのプレゼンテーションに行ってきました。

そこで見た美しいベッドに思わずため息。

グレーのベースに布張りのベッド本体がのっかっていて、両サイドは
自由にサイドテーブルとして使う部分の素材や形が選べる、フレキブルで
自分なりにカスタマイズができるオールインワンタイプです。
片側はベースと同じ素材でグレーの箱のようなシンプルなテーブル。


反対側は大理石の天板。

全体がとても落ち着いた雰囲気ですが、サイドテーブル部分の素材を変えたことで
シンメトリーを少し崩すこととなり、よりインパクトが出ているように感じました。



そう、サイドテーブルをなにもシンメトリーに
お揃いにしなければいけないルールはありません。

全く違うテーブルをベッドの両サイドに置くのもなかなか面白いですよ。
そんな時の失敗をしないコツとしてはやはり共通点を持たせることです。
色か素材か形でも。


ベッド、ヘッドボード、サイドテーブルをまず考えてから
次にベッドリネンを選ぶと良いでしょう。

「寝室はだれも見ないから」といって優先順位が低くなってしまいがちです。
でも、人生の三分の一を過ごす空間だからこそ見逃したくないところです。
美しい寝室は快適な睡眠にもつながるはず。

ご自身のために素敵な寝室にこだわって見ませんか?

ヘッドボードについてもっと知りたい方はぜひこちらも合わせて。


2019年2月20日水曜日

アートを飾る時

壁にアートを飾る時には様々なことを考えています。
何を飾りたいか。どこにどのように飾るか。
今回はこの、フィレンツェのドゥオーモのポスターのお話です。



だいぶ前にドゥオーモのミュージアムショップで買ったポスターです。
フィレンツェは妹が住んでいる街。
私自身がベルギーに住んでいた頃、よく遊びに行き
思い出がたくさんある大好きな街となりました。

写真で見てもお分かりのようにポスターはかなり大きなサイズです。

でもインパクトがあって部屋のはっきりしたフォーカルポイントになっています。

フレームはサイズに合わせた特注品。
結構重さもあります。

だから壁にかけるのはやや不安。
それに、これぐらいの大きさですと天井の高さや家具の大きさも考慮して
バランスよく壁に掛けるのが難しいため家具の上に置いて立てかけています。

部屋に入った時にちょうど目線の高さとなりました。

あとは、どうすればより引き立てらるかを考えました。
白い壁がバックだと馴染みすぎてしまうのでちょっと残念。

モノクロのポスターを活かすと同時に程よく馴染ませるために
色はイギリスのペンキメーカーのFarrow & Ballの ダウンパイプという色を選びました。
黒でもなく、チャコールグレーでもなく、紺でもない絶妙な色です。
その絶妙さがまた色に深みを出しているのでしょう。




窓のシェードもダークな壁と馴染むリネンのシェードに。
全体が落ち着いた感じになりました。

ポイントをまとめると、

●自分に意味のあるものを飾るとより楽しめます
●飾る場所は壁の広さや天井の高さ、家具のサイズとのバランスが大切
●高さは目線ぐらいがベスト
●壁に掛けなくても、立てかけもOK
●背景の色を考えてあげるとアートがより引き立ちます

ダークを背景に手前に白が飛び出るようなこの壁はお気に入りのスポットです。


2019年2月8日金曜日

理想な暮らしができる住まい

インテリアづくりは理想な自分や、理想な暮らしをイメージしてみるところから始めるのが大切だと思います。

この空間で何をしたいのか。
どんな暮らし方をイメージしているのか。
ここにいる自分はどんな気持ちなのかを想像します。

理想や夢で良いのです。
理想から現実へつなげていくのはこの後のステップですから。

例えば寝室の場合、快適に眠れることはもちろんのこと、
朝、起きた時の自分をイメージします。
どんな気持ちで起きたいか。
どのような空間に自分がいるのか。


これが私の夢の朝時間です。

大きく伸びをしながらゆっくり目を開けます。
この瞬間、これからの一日が楽しみになり、わくわくします。
ベッドは快適で、上質なリネンのシーツの肌触りが最高。
理想の世界では半袖の白いコットンのパジャマを着ています。

開いている窓から吹いていくる優しい風にゆっくりなびく
真っ白な薄いリネンのカーテン。
 カーテンが動くたんびに、暖かい日差しが覗きんできます。
ちょっと眩しいぐらい。

ベッドから立ち上がり窓へ行き、
両手でカーテンを開けてまた大きく伸びをして深呼吸。

外に見えるのは庭。芝生がまだ朝露でキラキラと光っています。
そして大きな木が1本。木からは小鳥の鳴き声が聞こえてきます。

そこにいる自分は裸足。
無垢の木を白くペンキで塗った床を裸足で歩くとどこかスーッと気持ちが落ち着きます。天然素材の優しさでしょうか。

開いているドアから淹れたてのコーヒーの香りが。
夫がつくるコーヒーは特別に美味しい。
( 現実ではいつも朝はミルクティーですが、やっぱり香りはコーヒーですよね)

ようやく目が覚めた愛犬ボニーも大きな伸びをしてから立ち上がります。
そして一緒に1階へ。
階段にはジュートのラグが敷かれていて、ザラザラしているけれど
素足の裏のこの触感は結構好き。
老犬であるボニーも、これで滑らなくて安心です。

キッチンへ行き、勝手口のドアを開けるとボニーが嬉しそうに庭に出ていきます。
ドアはそのまま開けっ放し。理想な暮らしでは毎日お天気が良いから。
ボニーが自由に出入りできるようにしてあげられるのも私の理想。

キッチンのテラコッタの床が冷たくて気持ちがいいです。

壁が白でチャコールグレーにペイントしたキャビネットがあるキッチンの真ん中にはパイン材でできた正方形のアンティークの大きなテーブルがあります。テーブルの真ん中にはたくさんの白いマーガレットが入った大きなジャグ。
まるで昨日、庭から摘んできたような無造作な飾り方。

椅子を引いてそこに座り、夫が淹れてくれた濃いめのコーヒーにミルクをたっぷり注ぎ、
テーブルの上に置いてある新聞を手に取って目を通しながら夫と会話をしている自分が
とても幸せで落ち着いているように見えます。



現実に戻りましょう。

この理想の暮らしをそのまま実現するには今の家から引っ越し、
場所も移り、新しい家を建てるかその通りにリノベーションができる古い家を探すことになるでしょう。

でも、この理想の朝の中には今の住まいに取り入れられる要素もたくさんあれば、
すでに取り入れていることもあります。
こんな理想を想像しながら、住まいづくりを楽しみ、
自分の夢を現実に近づけるのです。

目をつぶって、ゆっくり深呼吸をしながら夢の1日を描きます。
夜、寝る前にとか疲れている時、リラックスしたいときなど。
ノートに書いたり、
ボードに写真を貼りながらイメージをつくりあげていくのも一つの方法です。

インテリアや見た目のことだけではなく、
実際にその空間にいる自分を想像することが大切です。

家づくり、部屋づくりは理想な暮らしに向けてのあくまでも途中のプロセス。
最終的な結果はその出来上がった家や部屋にいる自分がどう過ごすか、
どのような気持ちになれるかです。


....................

簡単そうに書くけれど、なかなか難しいなあ、と思われた方、
インテリアイメージコンサルティング」でも理想の暮らしのイメージづくりや
それに近づけるためのインテリアづくりのガイダンスが可能です。
ご興味のある方はこちらからどうぞ。






2019年2月4日月曜日

ホームページリニューアルのお知らせ!

こんにちは。
今年も1月があっという間に過ぎてしまいました。
そして今日は立春。

今年の初投稿はホームページのリニューアルのお知らせです!
やっと完成しました!

Home Life Style by Heather Brackin

 Home Life Style  by Heather Brackin

始めてから悩んだり、考えが変わったり、脱線したりと時間がかかってしまいましたが、それだけ自分のこだわったページを作成したかったというのもあります。

もちろん、私一人だけではできませんでした。

今回は友人でもあり、お仕事でもたくさんお世話になっているCreators PR Support さんに
たくさんお手伝いをしていただきました。
本当に勉強になって大感謝です。

自分でなんとかできると思って始め、
でも途中で何かが違うとか、この先どう進めば良いか
方向性が分からなくなってしまうことって誰にでもあると思います。

収拾がつかなくなってしまうことも。
結局、100%満足いかないままになってしまうことも。
そんな状態でした。

だから今回のリニューアルはプロの力を借りて
100%満足できるサイトにしようと決心。



ゴールは、ヘザーのエッセンス、私の考えや、住まいへの情熱、
そして皆さんにどのようなお手伝いができるか、仕事の内容をお伝えし、
見てくださっている方と1対1でコミュニケーションをしているように感じてもらえるようなホームページでした。

それはどれだけ私のことを知っていても、他人だけではできないことだと思います。

そのため、プロのガイダンスを受けながらの作成といった選択肢を。

たくさん直してもらったり、アドバイスはいただきましたよ。
技術的な話になると目が点になったり。
私はホームページ作成の素人でもあれば、かなりアナログ人間ですから。

プロに頼むことって、代理で何かをやってもらうこともあれば、
クライアントと二人三脚でゴールを目指すこともありだと思います。

住まいづくりでも同じです。
インテリアのプロに完全に任せれば完成度の高いお部屋が出来上がりますが、
本当の住み心地良さとは、住んでいる人のパーソナルタッチからくるのだと思います。

そんな私の想いもホームページのMessageのページに書きましたので
ぜひお読みになっていただきたいです。
(もちろん、他のページもぜひぜひ見てくださいね。
すべてのページに想いが込めらていますので)



私のゴールはホームページを作ることではなく、
人が素敵な住まいから得られる快適さ、心地良さ、そして充実したライフスタイルです。
そのためのお手伝い、サポートをご提供するのがゴールへたどり着くまでの私の仕事。

Creators PR Support のTさんのように、
その人の中にあるクリエイティビティや個性を活かしながら
楽しい住まいづくりのサポートができればと思っています。

このブログは今後、ホームページでも見れるようになりましたので
お時間があるときにはぜひ、時々覗きにいらしてください。

これを機にブログもこれから気合を入れないと。
暮らしに関するお役に立つ情報、楽しい情報をお届けしたいと思います。

インスタグラムも毎日アップしています!
いいね!と思ったらぜひ❤️を!


2018年5月1日火曜日

5月になりました。
ゴールデンウィークも良い天気で始まりましたね。
ちょっと暑いぐらいです。日よけに注意しながら、
水分をしっかりとって熱中症に気をつけましょう。 
体をゆっくり慣らさないと、ですね。


衣替えの時期もそろそろです。
みなさん、考え方が違うかと思いますが、
最高気温が22℃を超えた頃がちょうど良い時期だと言われています。
昔は制服が変わる6月1日が衣替えの人も言われていたそうですが、
ちょっと遅いかな、と思って私はいつもゴールデンウォークを目指しています。
ちょうど休みもあるし、ゆっくりできる良いタイミングです。

で、早速5月1日の今朝、夏服を取り出して冬服を片付けました。

久しぶりに暖かい季節に着る服を見るとわくわくしますね。
やっぱり夏服が好きです。
まだまだ着るには早いものもありますが、これからの季節が楽しみです。

今日の衣替えはなぜかとくにそのわくわく感が強く、ふと思ったのです。

衣替えの際、シーズンオフの服をしまうときには、また半年後の衣替えの時に
衣類ケースを開けた瞬間、「早く着たい!」とわくわくするのが大切なのかなあ、と。

近藤麻理恵さんの「ときめき」と少し似ているかもしれません。


冬の黒やグレーのニットをケースにしまいながら、これって、
あまりわくわくしないなあ、と思いました。
多分10月頃にまた開けた時、衣替えがつまらなさそう、と。

もちろん、中には今年の冬に新しく買った大のお気に入りのニットも中にはあります。
それを見ると、「また秋にね!」と嬉しい気持ちで一時的にお別れも楽しかったです。

とは言っても、黒やグレーのニットとはベーシックとしてとっておきたいもの。
でもちょっと数が多いかな?
と思って、今年の冬に着なかったのや、
いい加減に型崩れも限界のものは処分しました。

ニットが半分ぐらいに減ったかな?

といあえず冬服はIKEAの衣替えケース2つに収めるのをゴールとして頑張りました。
10月に開けたら少しはわくわくできそうな感じに。

Houzz では「5月の歳時記と暮らしのカレンダー」がアップされましたので
ぜひお楽しみください。


インテリア相談&サポート
収納相談&デザインにつきましてはこちらから