2021年3月10日水曜日

手作りで増やしたキッチン収納。  HOW TOと裏話もご紹介!

Hello & Welcome!
Home Life Style のヘザー ブラッキンです。
生まれ育ちは日本。父はイギリス人、母は日本人。

東京を拠点に住まいのインテリアのご提案、収納スペースのデザイン、
インテリアスタイリングの仕事をしているホームスタイリストです。

このブログではインテリアをはじめに、暮らしをトピックとしたことをアップしています。
お楽しみください!

ホームページへのアクセスは投稿の下にありますのでぜひそちらも!
............................................................................................................................

我が家の小さなキッチン。
コンパクトなところにどこか心地良さがあります
時には10人や12人が集まるパーティーやクリスマスディナーでも、
やりくりしながら意外となんとかなるのが不思議です。
もっと広いのには越したことはありませんが、、、

そんな小さなスペースなので収納が大きなチャレンジです。
正直なところ、ワークスペースが多少小さくてもなんとかやりくりはできても
収納が足りないのは日々のストレスになってしまいます。

可能な場所に、手作りであっても、
物やスペースに合わせて収納を作りながら工夫をしてきました。
限られている空間では1cmでも貴重!

こちらの棚もその一つです。


著書やSNS、雑誌の取材でも何度も紹介はしてきましたが作り方についてよく聞かれるのでご紹介しましょう。
家具づくりのプロでもなく、
DIYスペシャリストでもないのでごくヘザー流のシンプルなHow to ですが。

下の引き出しは20年以上も前、ベルギーに住んでいた頃にIKEAで買ったものです。
今は同じものは売っていませんが、
似たような木製のミニチェストは日本のIKEAにもあります。
小さなパックに入った調味料、例えばスパイスやブイヨンキューブであったり
輪ゴムや袋を止めるクリップ、爪楊枝など、細々したものをここに収納しています。

我が家ではミニチェストを2つ並べています。


How to:

★ミニチェストの横幅を測り、
さらにチェストの上から吊り戸棚の下までの寸法を測ります。
この寸法によってミニチェストの上に置くオープン棚のサイズが決まります。

でも、上から下までぴったりで作らない方が良いですよ。
5ミリぐらい余裕を持った方が安心です。

別の場所で昔、ぴったりフィットを目指して棚を作りました。
それが、ぴったりすぎてペンキを塗った後その場所に入れ込むのが大変!
ペンキを2度塗りすると厚みも出ますし、
日曜大工が決してパーフェクトではないため、小さな歪みがあると入らない状態に。
その時の棚は紙やすりで削りながらなんとかぎゅうぎゅうに押し込みました(笑)

まぁ、失敗は成功の元とは言いますよね。
そのように手作りのスキルが育ったとも言えるでしょう。

では、本題に戻ります。(余談だらけのhow to ですが、そちらもぜひご参考に!)

★縦横、奥行きの寸法が決まったら、中の棚をどう仕切りたいか考えます。
何を入れたいかによって工夫するのも良いでしょう。

私はもともと持っていたガラスのキャニスターを入れるために作りたかったので
お気に入りのキャニスターの寸法を測って、横に並べたらいくつ並べることができるか、
縦にいくつ入るか、イメージをイラストにしながら計算しました。


既存のミニチェストの幅がもう決まっているので
「あと2センチあれば、もう1個入るのに」
「なんだか中途半端にスペースが余る」
ということもあるでしょう。

そのようなことが逆になかったらものすごくラッキーと思っても良いかもしれません!

限られた寸法をどう最大限に使えるか考えるのも
パズルを解くようでDIYの楽しみでもあります。

でも、もう一つ注意したいのがもし、
お気に入りのキャニスターや容器、棚に置きたい物が壊れてしまったり、
何かの理由で買い替えたいと思った時に同じ物が見つからなかった場合のこと。
棚を容器に合わせてぴったりサイズに作りたいのであれば、
定番アイテムを選ぶのがおすすめです。
(とは言ってもある日欠品になる、ということもなくはないですね)

なので棚を取り付ける場所は、少し余裕を見ながら決めるのも良いでしょう。
ちょっと大きめにすれば将来、大きな物を置きたくなった時でも使えます。

でも、余裕がありすぎるのももったいないと思った私は
お気に入りのジャーに合わせて作りました。
しかも昔、海外で買った物。
そのため、ジャーが壊れた時にはひと回り小さいものを買うしかありませんでした。

今では不揃いも表情と思っています。
揃っていれば整頓に見えますが、
ちょっと「崩し」があっても自然に見えるのではないでしょうか。

そして、余裕を持たずにジャーに合わせて作ったことで棚がもう1枚増やせました。
この小さなスペースは我が家のコンパクトキッチンでは貴重な収納です。


★デザインと寸法を決めたらホームセンターで板を購入してカットしてもらいます。
どのような木材が良いかは何を置きたいかによって必要な頑丈さや、
どのように仕上げたいかで板を決めると良いでしょう。
私も正直、「これ」というもので決めてはいなくその都度、
ホームセンターにある板を見ながら、
そしてお店の人と相談をしながら選んでいます。

ペンキを塗る家具は高価な無垢材や木目が美しい木材を選ぶ必要もなく、
シンプルに、扱いやすいラジアタパインの集成材を選ぶことが多いです。

★カットした板はビスを使って組み立てます。
箱を組み立てるイメージで。
小さな棚でしたら釘でもOK。
この棚はあまり重たい物は置かないので釘を打っただけです。

★最後に、組み立てたらミニチェストと棚と、紙やすりで軽くサンディングしてペイント。
サンディングをすることによって余計なゴミを落としたり、
ペンキもきれいに仕上がります。

すべてを同じ色で揃えてもいいですし、
上下違う色に塗ってもかわいいかもしれませんね。
ここが個性の出しどころ!


ペンキは2度塗りすればムラが見えなくなるはずです。
壁でよく使うマット系(艶消し)のペイントよりも、
木製家具用や木部用の方がより剥がれにくく頑丈です。
また、艶消しよりも艶のあったペンキの方が汚れが落としやすいです。
キッチンなのでメンテナンスも重要なポイントですね。

どのようなペンキを使っても、
物を出し入れしているうちに表面に傷がついたり多少剥がれてくることもあります。
毎日使うキッチンなのでよく擦る場所はそれなりに剥がれるかもしれませんが、
これは手作りならではの「味」と思ってあまり気にしていません。
あまりにもひどく剥がれてきたり、汚れてきたらまた上から塗り直す手もありますしね。
気分転換に色を変えて模様替えするのも楽しいです。

この棚は、実は3回塗り直しています。
最初に作ったときはブルーでした。
その後、オフホワイト、
そして今は純白。

★ペンキ塗りが終わったところ大事なのが待つこと。
表面はカチカチに乾いていても中がまだ完全に乾き切ってないこともあるので。
ここで早まって物を置いたり、
引き出しを戻してしまうと傷になったり、剥がれたりすることも。
引き出しがベトっとくっついてしまって開かなくなることも(実際に経験済み!)

私は家具をペイントしてから物を置くのに1週間位は待つようにしています。

最後に、引き出しのことですが、
中を塗る塗らないかはどれぐらい手間をかけたいかにもよります。
あまり厚みが出てしまうと引き出しが入らなくなったり、
開ける時に引っかかることがあったり、
ペンキが剥がれることも。
ですので、もし塗るとしたら薄く塗ると良いでしょう。

このチェストの引き出しも塗りましたが、
開け閉めの時に少し引っかかることがあったので
ペンキが乾いたら軽くサンディングして引き出しと本体と触れる部分に
薄くワックスを塗ったら滑りやすくなりました。


DIY出来上がりだけではなく、プロセスも一つの体験です。
失敗すればそれを次の時のための勉強になったと思って
経験を積みながら楽しんでください。

そして想像力を使うこと。
せっかく自分で作るのであれば自分らしさを活かして作ることが大切です。
Do It Yourselfとは作るところからではなく、考えることから始まります。
何をどう作るか。
どこでどのような材料を調達するか。
どのように使いたいか。
すべてがDIYといった3文字の中に含まれています。

考える楽しみ、作る楽しみ、そして使う楽しみ。
だから我が家のDIYプロジェクトには終わりがないのです。

Enjoy!

.....................................................................................................
Thank you for reading!

インテリアコーディネート、収納デザイン、コンサルティング等の
お仕事のご依頼、お問い合わせは HLS ホームページからどうぞ。

インスタグラム @hls_homelifestyle
でも日々、インテリアや暮らしのことを
アップしていますのでぜひそちらもぜひ覗いてみてください。
「いいね」、コメント、フォローも大歓迎です!





2021年2月19日金曜日

お気に入りの壁を意識してみましょう

Hello & Welcome!
Home Life Style のヘザー ブラッキンです。
生まれ育ちは日本。父はイギリス人、母は日本人。

東京を拠点に住まいのインテリアのご提案、収納スペースのデザイン、
インテリアスタイリングの仕事をしているホームスタイリストです。

このブログではインテリアをはじめに、暮らしをトピックとしたことをアップしています。
お楽しみください!

ホームページへのアクセスは投稿の下にありますのでぜひそちらも。
..........................................................

お気に入りの壁、ありますか?

お気に入りの家具やアイテムを引き立てくれる壁。
反対に、家具やアイテムが引き立てくれる壁。

家具が主役で壁が背景ではなく、どっちも主役として互いに引き立てながら共存できるのが理想です。

























この壁だからこの家具。

この家具だからこの壁。

そのような思いで私はインテリアづくりをしています。
仕事でも、プライベートでも、まず見るのが壁。

壁とはただ間仕切りでもなく、背景でもなく、インテリアのニュアンスをつくりあげる大切な要素です。
いちばん面積が広い部分ですから。
なのでお気に入りでなくては。














壁がお気に入りであれば自然と家具や他のアイテムがついてきます。

そしてまとまり感のある部屋へと繋がっていきます。

インテリアづくりの成功は広い面積から考え、
そして段々と小さな部分に絞り込んでいくのが成功のコツです。

























細かい部分からこだわっていくと収集がつかなくなってしまうことも。
しっかりしたベースをつくり上げるのが基本。
ベースの上に他の要素をのせたり、重ねていくような感じで。

お気に入りの壁は部屋を生き生きとさせてくれます。
理想はアクセントウォールだけではなく、全ての壁がお気に入りであること。
白い壁であっても、我が家ではお気に入りです。
好きな家具に合わせて選んだ白だから。


でも、すぐに全部を変えることができなくても、1面からスタートしてみるのももちろんOK。
アクセントウォールを塗ってみる。
または、クロスを貼ってみる。

部屋が生きてきますよ。

ぜひ試してみては。

.............................................
Thank you for reading!

インテリアから収納空間まで、お部屋づくりのアドバイスやコーディネートに関しましては HLS ホームページからどうぞ。



インスタグラム @hls_homelifestyle
でも日々、インテリアや暮らしのことを
アップしていますのでぜひそちらもぜひ覗いてみてください。
「いいね」、コメント、フォローも大歓迎です!


2021年2月11日木曜日

Hello & Welcome!
Home Life Style のヘザー ブラッキンです。
生まれ育ちは日本。父はイギリス人、母は日本人。

東京を拠点に住まいのインテリアのご提案、収納スペースのデザイン、
インテリアスタイリングの仕事をしているホームスタイリストです。

このブログではインテリアをはじめに、暮らしをトピックとしたことをアップしています。
お楽しみください!

ホームページへのアクセスは投稿の下にありますのでぜひそちらも。

..............................................................

週に1度は訪れるお花屋さんがあります

お客さんとのコミュニケーションを大切にしていると感じられる、
長年その場所でお花屋さんを営んできたベテランのご夫婦。
話しかけてくださったり、花の説明やちょっとしたエピソードを語ってくれたり。



かかりつけ医や薬局って大事と言われていますが、行きつけのお花屋さんもそうかも。
好き嫌いを分かってくれたり、お話のなかから新たな発見があったり、自分の意思も伝わりやすいのでは。

なんでもそうかもしれませんね。お肉屋でも、八百屋さんでも。
残念なことに個人商店が減ってしまってますが。

このコミュニケーションって暮らしの中では基調なことであり、
暮らしの潤いにもなるのではないでしょうか。

イメージを語り合いながらお花を選んだり、
おすすめの食材で美味しい料理を作ったり。
祖父が愛用していた近所の小さな書店では、好きそうな本が入ったらいち早く
祖父に電話で連絡してくれていたそうです。


先日、アオモジを買いました。あまり詳しくなく、ただ実がかわいいからと思って。

好きなわりにはそこまでお花の名前や特徴のことを知り尽くしていなく、
純粋に、見た目やその時の気分、インテリアを考えて選んでいます。

その日はアオモジが目がつき、今日の気分はこれ、と思って手に取りました。

「これはアオモジって言うの。アオモジとクロモジとあって、クロモジはよく爪楊枝に使われるんだけれど、
アオモジも使うことがあるのよ」と包みながら説明をしてくださった店主。

後から調べたら香りも良いみたいでアロマオイルにも使われるみたいですね。

そんなストーリーを知るとなんだか得した気分に。


インテリアにはストーリーが大切。
ストーリーがあればあるほど奥深さのある部屋となるから、
と思っているからこのようなお話しってたまらなく好きです。
とんなにシンプルなストーリーでもいいの。
それを見たときに素敵なことを思い出したりするのが暮らしの中での楽しみの一つ。
人が来たときにはカンバセーションピースになったりもします。

我が家に来たアオモジの話、爪楊枝の話も初めて聞いて面白いとは思いながらも
その日の店主との些細な会話が印象的だったのかもしれません。
人に親切にされた嬉しさ、コミュケーションそのものが、シンプルとなった日々を過ごす今、
さらに意味を持たせるような気がします。

そっか、爪楊枝ね。
と片手にアオモジを持ちながら帰宅。
人の口の中をほじくりまわされるよりも我が家に飾ってもらって、
可愛がられてよかったね、と呟きながら花瓶に生けました😆

これも人と話せば面白い会話に繋がりそうですね。


Thank you for reading!
インスタグラム @hls_homelifestyle
でも日々、インテリアや暮らしのことを
アップしていますのでぜひそちらもぜひ覗いてみてください。
「いいね」、コメント、フォローも大歓迎です。

また、お仕事に関してのお問い合わせやご相談、ご依頼はホームページからどうぞ。

2021年1月21日木曜日

紅茶を通してコミュニケーションする祖父


Hello & Welcome!
Home Life Style のヘザー ブラッキンです。
生まれ育ちは日本。父はイギリス人、母は日本人。

東京を拠点に住まいのインテリアのご提案、収納スペースのデザイン、
インテリアスタイリングの仕事をしているホームスタイリストです。

このブログではインテリアをはじめに、暮らしをトピックとしたことをアップしています。
ぜひお楽しみください!

ホームページへのアクセスは投稿の下にありますのでぜひそちらも。
..............................................................................................

ティーポットで紅茶をいれるときは、
ミルクはカップに先に入れてから紅茶を注いでいます。

イギリスではミルクは先か後かとたくさん議論はありますが、
ただ単にイギリスの祖父の入れ方を見て真似するように。


ミルクが先に入っている上から紅茶を注ぐ時に色がだんだん変わっていくのが子供の頃、
すごく楽しく、わくわくしながら見ていました。

そんな興奮する私たちを見た祖父の嬉しそうな表情は忘れません。
ティータイムのこのちょっとしたパフォーマンスはそう頻繁に会えなかった
祖父と孫との間の特別な時間でもありました。
イギリスの田舎で育ち、マンチェスター近郊から離れて暮らしたことのない祖父は
口数も少なく、遠い日本から遊びにきた半分日本人の血が混ざった異文化で育つ孫たちと
どうコミュニケーションをとったら良いのか戸惑いもありました。
離れている時はたくさん手紙のやり取りはしたものの、
いざ会うとちょっとぎこちない雰囲気に。

そんな雰囲気を和らげてくれたのが紅茶でした。

ミルクの色が徐々に濃く変わっていくのをじーっとカップの中を見つめる孫たちを見ながら
静かに紅茶注ぐおじいちゃん。

注ぎ終えると紅茶にお砂糖を入れ、ゆっくりとスプーンで混ぜました。
全ての動きがまるでスローモーションのようなゆっくりさ。
そしてスプーンでカップの縁を軽く叩く音。
「たんたかたんたん...」
「...ったったっ」
と最後にスプーンをソーサーに置き、私たちと目を合わせてニコッと微笑みました。

それが祖父の愛情表現。
ウェルカムな気持ちの伝え方だったのでしょう。
言葉のいらないコミュニケーションでした。

だから私は紅茶を入れる前にミルクを入れるのかもしれません。
祖父のレガシーを残したくて。

そんなシーンを再現した動画をインスタにアップしましたので
(プロフィールのリールからも見れます)



ミルクを先に入れるのは、紅茶の熱でミルクも徐々に温まり、
美味しくなるとも言われています。

でもそれはごく一説。

庶民はミルクを先に、貴族は後、なんて説も。
昔、貴族が使っていたティーカップは質が良く、熱々の紅茶に耐えらたけれど、庶民が使っていたクオリティーの低いカップは熱々の紅茶を直接注ぐとパキッと割れてしまうこともあったから先に冷たいミルクを入れてから紅茶を注いだといった話もあります。

何が本当かわかりませんが、どうも一つ確かのは
ミルクを先にか後からは階級で別れているようです。

ちなみにエリザベス女王は後からミルクを入れられるそうです。

でも、だからと言って後から入れるのが上品、先に入れるのは邪道だとか、
そのようなことはないと思います。
文化や伝統の問題なので。
そして好みも。

私流の結論でいけば、自分が美味しいと思うようにいれるのが正しい方法ではないかな。

ちなみに私の祖父は北イングランドのマンチェスターの郊外の普通の人が住む、
テラスハウスにずっと住み、父もそこで育ちました。
祖父は建築士。
戦後で街を立て直すので大変だった頃、毎日郊外から
マンチェスターにあった勤務先まで通っていました。

紅茶のミルクは先に入れる派でした。
ティーポットは何十年も愛用していた年季の入ったブラウンベティー。

贅沢を嫌う祖父。
典型的なイギリスの労働階級の人の暮らしでした。
自分の暮らし方に誇りを持ち、時にはプライドが高すぎて父が困ったことも。
そして完璧なジェントルマンでした。


私もテラスハウスのような形状の家に住んでいます。
職業はインテリアデザイナー。
紅茶はポットでいれる時は先にミルクを入れる庶民派です。

贅沢はものやお金ではなく、気持ちの余裕だと信じています。

やっぱり祖父DNAが濃いのかもしれません。

ブラウンベティのティーポットも愛用していますが、
一人か2人の時はお気に入りの南部鉄瓶のポットを使っています。

保守的な祖父が見たら驚くかもしれませんが、
これは同じぐらい大切な私の半分日本人側のDNAですね。
......................................................................................


Thank you for reading!
インスタグラムでも日々、インテリアや暮らしのことを
アップしていますのでぜひそちらもぜひ覗いてみてください。
「いいね」、コメント、フォローも大歓迎です。

また、お仕事に関してのお問い合わせやご相談、ご依頼はホームページからどうぞ。

2020年8月13日木曜日

家具が映える壁

こんにちは!

Home Life Style のヘザー ブラッキンです。

生まれ育ちは日本。父はイギリス人、母は日本人。

私はホームスタイリスト。

住まいのインテリアのご提案、収納スペースのデザイン、インテリアスタイリングの仕事をしています。

このブログではインテリアをはじめに、暮らしをトピックとしたことをアップしています。

ぜひお楽しみください!

.................................................

久しぶりの投稿。

今日は、壁の色と家具の色との関係のお話です。


壁の色によって家具を選ぶか。

それとも家具の色によって壁の色を決めるか。

どっちが先?


壁の色も、家具もまだ決まっていなければ同時に選べられるのが理想ですよね。

部屋はトータルでコーディネートをしたいものです。

でも必ずしも一度に全部、ということもいかないことも。



壁に合わないからといって家具を買い換えるってこともちょっと...


あっちにある家具をこっちへ移動するはというのはもちろんできます。

その家具をそっちで使うのであれば、ですけれどね。

動線や全体のレイアウトやバランスを考えるのも大切です。


今持っている家具の背景としてどんな色が合うかをイメージをし、

壁を塗ってしまった方がコスパも良く、早くできてしまうのでは?

1面だけだったらペンキ1缶と道具があれば1日でできちゃいますし。

そして好きな家具がより映えます。


自宅の仕事部屋では白いアンティーク家具を置いているのに、

以前は壁も白くて、家具の良さがまったく見えませんでした。

そこで、壁をダークな色に塗ったらパッと飛び出るように、生き生きとした息が吹き込まれました。

大きなポスターも同様。


家具もポスターの特徴や良さがより目立つようになったのです。
















白い壁に白い家具を置くのはNGというわけではありません。

ここで誤解がないように。


でも、白でも数えきれない種類があります。


雪のような純白、ちょっと黄色がかっている白。

青味が強かったり、若干赤のある白。グレーっぽい白。

白い家具と白い壁を合わせる時はそんな白を意識すると良いでしょう。

白同士が喧嘩しないように。


机の白と、その横のキャビネットの白は実は若干違います。

机はすごーく白。純白に近い色です。

キャビネットは若干黄色味ががっています。薄いクリームっぽい白です。


壁も白かった時、その白もまた違ってうっすらとグレーがかったクロスでした。

クロスだけだったらそれほど分からないけれど、他の白を近くに置いた時にすごく違いが目立ちました。

違う白を合わせると、どれかの白が他の白を汚く見せたてしまうこともあり、

それも気になっていました。


もっと優しい白をクロスの上から塗ったこともあります。

全体が綺麗なホワイトで明るくて家具も壁と優しく馴染んではいたのですが




個人的には物足りなく、ダークに塗り替えたのです。


壁をダークに塗ったことで白は2種類に減って

机とキャビネットの微妙に異なる白も気にならなくなりました。

壁の色が自然とまとめ役になってくれたおかげです。

今、流行りのホワイトインテリアでは白の種類や数も注意したいポイントですね。

全てのものを全く同じ白で揃えるのは難しいですけれど、少なくても

白のトーンを揃えると綺麗に見えます。

または違う色を1つでもプラスしてワンクッションとしての役割を持たせるとか。

小物やラグ、グリーンでも良いですが、

壁の色で調整してみてはいかがでしょう?


今回はペンキで塗った話をしましたが、もちろん、クロスや壁紙でもOK です。

..............................................................................

Thank you for reading!

インスタグラムでも日々、インテリアや暮らしのことをアップしていますのでぜひそちらも!

また、お仕事に関してのお問い合わせやご依頼はホームページからどうぞ。

現在はリモートでのコンサルティングやご相談もも行っております。

2019年9月28日土曜日

爪切りはどこ?

Hello and Welcome!

Home Life Style  のヘザー ブラッキンです。
イギリス人の父、日本人の母、日本での暮らし、長年のヨーロッパ生活、
インテリアデザイナー、そして住空間収納プランナーとしての経験から得た
インテリアのこと、収納のこと、暮らし全般のことを発信しています。

「ヘザーってどんな人?」と思われている初めての方、
ぜひこちらも合わせてお楽しみください!


................................................................................


爪切りってどこでしますか?
そもそも、ネイルもプロにお任せするようになった今、
家で爪切りはしない人も増えてきたかもしれません。
でも家族とかもいればやっぱり必需品なのでは。
なんだかとネイルケアのものは誰でもあるかと思います。

そもそも爪切りなんて、変な話題ですよね。

夫と一緒に住み始めた時のことでした。
彼がリビングで爪を切り始めたを見てかなりショックを受けたのです。

え!?ここで?人前で?

振り返ると自分の父が爪を切っているところは見た記憶がまったくありません。
私もだいたい寝室で、お風呂上がりとかにベッドの上でパチパチやっていました。
だから爪切りとはプライベートでやることだとずっと思ってました。

でも夫から見ればリビングでのパチパチが当たり前で
これってライフスタイルや文化の違いなのかも、と思いながら、
そしてあのパチパチする音にイラッとしながら、
爪が飛び散らないか気にしながら...仕方がないと少しずつ慣れました。

彼にだってきっと私の行動で気に入らないこともあって
我慢してきたでしょうし。

純粋な国際結婚ではないかもしれませんが
半分国際結婚のようなものなのでそれは仕方がないことかもしれません。
そもそも国際結婚でなくても夫婦でライフスタイルのはずれはあると思います。

でも、パチパチには慣れても、どうしても融通が効かなかったのが
リビングのテーブルの上に爪切りをはじめとして、
ペンや塗り薬などなどが置いてあること。
結構色々なものがあるんですよね。


やはりソファ周りで使う細々したものがどうしても集まってきます。

そんなことからソファテーブルを買う時の第一条件が
引き出しがついていることでした。

気に入ったデザインで引き出し付きはなかなか見つからなく、
1年ぐらいかけてようやく見つけたのがアジアン家具のショップで見つけた
ずっしりした重みのある古材でできた引き出し付きのテーブル。
まさにイメージしていたものでした。


ここに好きな物を思う存分入れてくださいと、
ほぼ夫専用の家庭の平和を救う引き出しです。

そこにこっそり私のネイルファイルを入れさせてもらうようになりましたけどね。
夫婦とは不思議なもんです。




2019年7月14日日曜日

色に飽きてきた壁、失敗して選んだ色の壁、どうする?


Hello and Welcome!

Home Life Style  のヘザー ブラッキンです。
イギリス人の父、日本人の母、日本での暮らし、長年のヨーロッパ生活、
インテリアデザイナー、そして住空間収納プランナーとしての経験から得た
インテリアのこと、収納のこと、暮らし全般のことを発信しています。

「ヘザーってどんな人?」と思われている初めての方、
ぜひこちらも合わせてお楽しみください!


................................................................................

前回では失敗のない壁の色の選び方のお話をさせていただきました。

今回は「もう塗っちゃった〜」と思っていたり
「今の色に飽きてきた」と思っていらっしゃる方、
どうすれば良いのでしょう、といくつか考えてみた方法をシェアしましょう。


いちばん簡単な解決法は塗り直す、壁紙であれば貼り替えることですよね。
あまりにも当たり前の話ですが今日はその話ではありません。

とくに塗ったばかり、壁紙を貼ったばかりですと
そうすぐやり直すのには余計なコストもかかってしまいますし。



でも、万が一塗り替え、張り替えをお考えでしたら
色の選び方について、ぜひ全開のポストも読んでみてください!

最近では市販で「貼って剥がせる」賃貸でも使えるような壁紙もありますが、
気に入った色や柄のものがあればそれを使うのが1つの方法です。
自分でできてしまうのが嬉しいポイントです。

でも、そこまで手間をかけたくない方、
その色とうまく付き合っていく方法を考えなければなりません。




前回の投稿で書きました私の20代のペパーミントグリーンに塗ったキッチンの
失敗の最大の原因は窓がなく明かりが足りなかったことでした
それを事前に計算していなかったまだ初心者だった私の大きなミスでした。
やっぱり自然光は大切です。
でも、窓をつけるわけにもいかないのでとりあえず照明を増やして
IKEAの白い家具を一面に置きました。

今はどうかわかりませんが、当時のベルギーではシンクだけがついていて、
コンロや収納は自分でつけられるような賃貸も結構あり、
一見不便そうには思いますが逆に好きな家具が置けるので良い点でもありました。

買ったのはオープン棚だったのでガラス容器に調味料を入れたり、
白い食器を並べたりして「見せる収納」で奥の壁ではなく
手前のアイテムが目線を引くよう工夫。


そうすると、照明や白い家具のおかげで全体が明るくなるとグリーンまでもが
少し鮮やかさを取り戻しそれほど気にならなくなりました。

とりあえずセーフ。


ポイントは、光や明かりの当たり方をどう変えられるか、
そしてアイキャッチをつくることです。
アイキャッチはあまり目立って欲しくない物から視線を引き離す効果もあります。


「気に入らない色」「飽きた色」の壁の前に家具を置いて
素敵なものをディスプレイすればアイキャッチになります。

ただ、似た色のものを置いてしまうと同化してモノも壁も
一体に見えてしまうのでより壁が目立ってしまいます。
違う色、反対色を使うと背景となる壁が物を引き立てくれるます。


Photo by Fancycrave.com from Pexels

壁の前に物を置いてしまえばさらに壁の見える面積も小さくなり、
それほど目立たなくなります。
家具でも良いですし、
大きめのポスターやアート、ファブリックなども素敵です。

erin williamson - 住まいの写真はこちら - Houzz


壁に穴を開けられなくても、大きめのものを床、または家具の上に
立てかけても十分効果が出ます。
こちらは自宅の書斎。
ちょっと話が違って、この壁のチャコールグレーのような色は大好きなのですが
手前に白い家具や白が多い大きなポスターを置くことで
暗さは感じなく、逆に白が引き立って明るく感じます。



壁を変えられなければ周りをいつもとちょっと変えてみてください。
家具、アート、ディスプレイ小物、インテリアグリーンなど、
今まで置いてなかったら置いてみる。
すでにディスプレイなどを飾っていれば色やアイテムを
見直してみるのも方法です。

嫌な色もそれほど嫌ではなくなるかもしれません。


.............................................

Home Life Styleではインテリアのカラーコーディネート、
色、壁のアドバイス、小物スタイリングやインテリアの個人レッスンも承っています。
ご興味のある方はぜひ、ホームページへ!